このページの先頭です

これでモテる!婚活パーティーで人気になるための2つの秘訣

136views

投稿日:

プロフィールにコアな情報を盛り込むようにする

婚活パーティーでは、プロフィールシートを書くでしょう。そんなプロフィールシートでは、あまり奇をてらったことは書かないようにしているという方も多いかもしれません。確かに婚活では、あまり奇をてらい過ぎると、それを見て変な人だと思われてしまい、ハジかれてしまう事もあるでしょう。しかし、ではすごく普通のことばかり書いていけば良いのかと言うと、それはそういうわけでもないのです。

たとえば当たり障りないことばかり書いていたら、どこを話題にして話せばよいのかわからなくなってしまうのです。すると当然会話も表面上だけの会話となり、結果、あまり魅力的に思われなくなってしまいます。そうならないように、婚活パーティーのプロフィールシートでは、ある程度コアな情報も盛り込むべきなのです。

コアな情報は1つでよい

ただ、そうしてプロフィールシートに盛り込むコアな情報は、一つで良いといえます。何個かコアな情報を盛り込んでいっても、どこを突っ込んだら良いか困惑してしまうことがあります。しかし、もしコアな情報が一つだけであれば、そこを突っ込めば良いだけになるので、相手も困りません。そして、それは自分にとっても良いことです。同じことばかり突っ込まれていれば、次第にそれに対する受け答えにも慣れてくるでしょう。

そうして受け答えになれてくれば、それについての話題が盛り上がるようになる可能性も高くなります。それが盛り上がるようになれば、自分と話していて楽しいと感じてくれる人も増えてきて、イコールで人気のある人になれるのです。婚活で人気を出して結婚したいのであれば、そういう頭を使った戦略も必要です。

あまり目を見て話をしすぎない

婚活パーティーで人気がある人になるための秘訣として、あまり目を見て話をしすぎないという事も言えます。目を見て話をするというのは、人と話す時の基本だと言えます。でも、目を見て話をすることには一つのデメリットもあるのです。それは相手に圧を与えてしまうということです。目を見て話をする人に対して人が抱く印象は、自信がありそうだという印象です。

そして、そんな風に自信がありそうに見えてくると、目を見られることに圧を感じてしまうようになるのです。そもそもたとえば30代40代まで独身で、婚活にて出会いを求めているという方には、異性とのコミュニケーションが苦手だという方も少なくはないです。

それはそもそもその機会がなかったから苦手だという場合もあれば、なにかきっかけがあり苦手になったというパターンもあるでしょうが、そのどちらのパターンであっても、圧が強い異性は怖く感じてしまうでしょう。だから、避けられてしまう可能性が高くなるのです。そうならないようにするには、あまり目を見過ぎない事が大切になります。

適度にそらせばよい

でもだからと言って、全く目を見ないで話をするようにするのもよくありません。人は、まったく目を見ないで話をする人に対しては、自分に興味がないのだろうかという印象を抱くものです。そうして自分に興味がないと思われてしまったら、やはりそこから先の会話も盛り上がりに欠けるようになるでしょうし、当然自分がその人に好印象を抱かれる可能性も少なくなります。

それで好印象を抱かれるのは、よほどルックスの良い人くらいでしょう。でも、そんな人はそもそも独身ではいないでしょう。だから、まったく目を見ないようにするのもだめなのです。では、どうすれば良いのかと言いますと、目を適度にそらしながら話をするようにするのが効果的です。

たとえば5秒くらい目を見て話したら、少し目線を外してみて、また少ししたら5秒くらい目を合わせるようにするなど、適度にそらすのです。すると圧を与えないながらも、きちんと相手に興味があることもアピールできます。だから、好印象を与えられて、人気になれる可能性が高くなるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *