このページの先頭です

年収が低いと無理?年収の低い人が婚活を成功させる為のポイント

112views

投稿日:

明るさを武器にする

年収が低いというのは、確かに結婚相手として選ばれる為には大きな足かせとなるでしょう。でも、年収が低いというだけでは、その人をハジかない人も、婚活市場には確実にいます。たとえばそもそも共働きを希望している人であれば年収の低さはあまり関係ありません。

そして最近ではそういう人も増えています。ではそういう人に選ばれるためにはどうすれば良いでしょうか?そのためには、明るさを武器にするのです。年収が低い人が、婚活を上手くいかせるためには、人柄の良さは欠かせません。そして、人はどういう人に人柄の良さを感じるかと言うと、それはやはり明るい人になるのです。

暗い人は基本的に人気がない

まず基本的に暗い人は婚活では人気がありません。やはり暗い人と結婚をしても家の中が暗くなりますから。誰だって、家の中は明るい方が良いと思っているものです。なので、暗い人はあまり人気が出ないのです。

ましてや年収があまり高くないのに暗かったらどうでしょうか?暗いというマイナスポイントに加えて、さらに年収が低いというマイナスポイントもあわさってくるわけですから、全然結婚出来なくなるでしょう。もし年収が低い人で、自分は比較的に暗い方だと思うのであれば、なんとか明るい人になれるように努力してみましょう。

明るい人になるにはどうするか

でも、明るい人になるにはどうすれば良いのでしょうか?それは、別段難しいことではありません。明るい人になるためのポイントは二つです。なるべく大きな声で喋るようにすることと、とにかくたくさん笑うようにすることです。声の大きさは、意外と明るさのバロメーターだったりします。声が明るいとそれだけで明るい人だと思われることが多いのです。

また、よく笑う人は、言わずもがなで明るい人に見えます。笑うというのはイコールで明るさにと繋がりますから。なので、普段の生活の中で、なるべく大きな声で喋るようにクセを付け、さらに無理矢理にでも笑うクセをつけていきましょう。すると、年収が低くても婚活パーティーで人気が出るようになったりするでしょう。

別の能力をアピールする

年収が低い人が婚活を成功させるためには、別の能力をアピールするというのも一つの効果的な方法だと言えます。別の能力というのはたとえば、料理の能力などです。あるいは掃除でも良いですし、そうした家庭的な能力をアピールしていくのです。結婚相手にそういう能力を求めている人は、意外と多いです。

たとえば共働きをするとなると、相手にそういう能力があった方が楽なことは間違いありません。なので、特に共働きをしたいと思っている人に、そういう能力を求めている人が多いです。先述の通り共働きをしたいと思っている人は、年収が低くても受け入れてくれることが多いですから、年収が低い人が別の能力をアピールするのは、実に理にかなっていると言えます。

そういう能力がある方も多いはず

たとえば独身が長い30代40代の方であれば、そういう別の能力がある方も多いのではないでしょうか?独身の一人暮らしであれば、それは自分でやるしかなくなるわけですから、必然的に身につくことになるでしょう。だから、それをドンドンアピールしていくようにするのがおすすめです。もちろんプライドとしては、そういう別の能力で結婚を掴みとるのはあまり良い気がしない事もあるでしょう。

しかし、結婚したいのであれば、そうしてなりふり構わない方が良いです。なので、婚活パーティーなどでも自分から年収の低さをネタにしたりして、「でも自分はこんな事ができます」と明るくアピールしていくと良いでしょう。もちろんこれは、婚活サイトなどのプロフィール欄などにも書いておくべきことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *