このページの先頭です

婚活の成功率が高くなるプロフィールの書き方

119views

投稿日:

婚活する時にめちゃくちゃ大事なプロフィールの書き方

婚活と言えば、ネット婚活を活用したり 、婚活パーティーに参加するやり方が一般的になりました。この時に、自分に好意を持ってもらえるようにアピールしたいのであれば、プロフィールの書き方を大切にしなければいけません。そこで今回は、婚活の成功率が高くなるプロフィールの書き方に迫ってみたいと思います。

なるべく本名の方が良い

「ニックネームでもOK」というプロフィール記載もあるのですが、できれば本名で記載した方が信頼感が増します。婚活には、結婚詐欺とか冷やかし目的の人もいるので、本名を公開していない場合は警戒心を持たれることがあるのです。本名を公開することに抵抗がある人もいると思うので、そういう場合はカタカナとかひらがなでも良いと思います。ただ、どうしても本名を書きたくない人はニックネームで大丈夫ですよ。 

綺麗な写真を掲載する

写真は、第一印象としてとても大切です。そのため、複数枚の写真を掲載できる場合は、

  • バストアップ
  • 全身
  • 角度を変えた写真

など、バリエーションを持たせるようにしましょう。この時には、セルフタイマーを使うのではなく、なるべく誰かに撮ってもらった方がいいです。ちょっぴりお金をかけれるのであれば、写真スタジオでプロのカメラマンに撮ってもらうのも良いかもしれません。

この時の服装は普段着で大丈夫です。あまり着込んだ状態だと堅苦しさを与えるかもしれませんからね。ただし、普段着とはいっても清潔感のある身だしなみは心がけるようにしてください。自然な笑顔を心がけるのもお忘れなく!

学歴は正直に記載する

自分の印象を良くしたいと思うがあまり、見栄を張った学歴を記載してしまう人がいます。しかし、それは絶対にやってはいけません。もしお付き合いに発展したとしてもいずれ必ずバレてしまいます。結婚したい人たちは、必ずしも高学歴を求めているわけではないので、正直に書いてしまいましょう。

職業ははっきりと書く

職業は曖昧に記入するのではなく、どんな仕事をしているのかはっきり記入してください。一番多い失敗例が「会社員」と記載していることです。社会人のほとんどって会社員ですよね?ですから、会社員の中でもどんなお仕事をしているのか分かるように書いてください。この時に、企業名を書くのは避けた方が良いと思います。一流企業に勤めている人は企業名を記入することがあるのですが、近寄りがたいイメージを持たれてしまうかもしれません。

年収は多少誤差があっても大丈夫

結婚するパートナーを見つける以上は、年収は大切です。特に、女性側は男性の年収を気にする傾向にあります。だけど年収は細かい桁まで記載する必要はありません。例えば、年収が480万円ぐらいだった場合は、500万円と記入しても大丈夫です。年収は変動する場合もありますからね。ただ、明らかに嘘をついているような高低差はつけてはいけませんよ!

性格は短所を織り交ぜる

自分の性格を記入する時は、どうしても長所ばかりをアピールしがちです。だけど、短所も程よく織り交ぜましょう。どうしてかというと、長所が羅列している場合は「こんなに人が良さそうなのに、今まで独身ということは隠している性格があるのでは?」と疑われかねないからです。特に、30代や40代になっても独身を貫いている場合は警戒心を持たれがちなので気をつけましょう。

プロフィールができたら自信を持って婚活を

滞りなくプロフィールが完成したら、あとは自信を持って婚活してください。婚活方法は、ネット婚活でもいいですし、婚活パーティーでも構いません。街コンに参加してもいいでしょう。いろんな婚活に参加すれば攻略法も少しずつ身についていきます。そうすると、プロフィールの書き方もバリエーションがついてくるので、精度が上がってくるはずですよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *