このページの先頭です

趣味コンにも弱点はある?趣味系の婚活パーティーの利点と難点

91views

投稿日:

メリットは話が盛り上がりやすいこと

趣味系の婚活パーティー、通称趣味コンのメリットは、やはり話が盛り上がりやすいことです。趣味が同じということはまずそれだけで話が盛り上がりやすいですし、趣味コンでは実際に何かの作業をすることも多いですから、必然的にそこで会話をすることになるでしょう。

たとえば料理であれば、この食材はどうするか?とか、調味料はどうするか?切り方はどうするか?とかそういう会話が必須になります。そして、そういう会話でコミュニケーションをとることを繰り返していけばいつしか心の距離感は近くなっていき、もっと普通の、趣味とは関係ない会話もしやすくなるのです。それは趣味コンならではのメリットになるでしょう。

話が苦手な人に合っている

そんな、話しやすいという特徴を持つ趣味コンですから、話があまり得意ではない方にすごくあっていると言えるでしょう。婚活をしている独身の方の中には、異性と話をするのがあまり得意ではないという方も多いのではないでしょうか?そういう方が普通の、大人数制の婚活パーティーなどに参加して、そこで会話を広げていくというのはやはり難しいところがあります。

でも、趣味コンであれば、先述の通りにまず必然的に会話をしないとならなくなりますし、そこで会話の感じもつかめます。そして困った時にはとりあえず趣味の話をしておけば最低限間は持ちます。なので、話が苦手な人でも、相手の人に好印象を与えやすいと言えます。

会話による好印象というのは、やはり婚活を成功に導くためには必要不可欠です。でも、話が苦手な人が話をうまくするための努力をしても、それを叶える為にはかなりの時間がかかるでしょう。

20代ならばそうしてそれに時間をかけて、あえて普通の婚活パーティーで婚活をしていくのもアリでしょうが、30代40代で独身の方ともなると、そこに時間をかけているわけにはいかなくなるでしょう。とにかく早く結婚したいと強く思っている方も多いはずです。なので、やはり会話が苦手なままでもなんとかなる、趣味コンに参加するのがおすすめなのです。

デメリットは3つある

趣味が同じ人と出会えて、会話が盛り上がりやすくて、話が苦手でも好印象を与えやすいという、メリットだらけに見える趣味コンですが、意外と弱点もあったりします。

趣味以外の条件を満たす可能性が低い

まずは、趣味以外の条件を満たす可能性が低いということです。趣味が同じというだけでも、一気に人は絞られていきます。その中で更に、たとえば20代とか、ルックスがどうとか、そういう条件を設けていったら、やはりそんな人に出会える可能性はかなり少なくなると言えるでしょう。

そもそも趣味コンはあまり大人数制ではないことが多いですから、そういう意味でも良い人に出会える可能性は高くありません。なので条件が細かい方は、趣味コンは向かないかもしれません。

じっくり話すことが難しい

趣味コンでは、じっくりと話すことが難しいことも多いです。そもそもなんらかの作業をしているわけですから、あまりじっくりと深い話をしたりすることは出来ないでしょう。なので、たとえ気になる人がいたとしても、その人の事をあまり知れない可能性があります。

あまりその人の事を知れないとなると、あまり相手を魅力的に思えない可能性も出てきます。もちろんじっくり話すことが難しいことは、話が苦手な人にとってはメリットでもあるのですが、それをデメリットに感じる人も多いでしょう。

趣味に細かい違いがあることもある

また、趣味が同じとは言っても、細かい違いがあることもあります。たとえば、サッカーが好きだという2人がいても、同じチームが好きとはかぎりません。ライバルチームを好きな可能性もあります。そうなると、途中までいい感じだったのに、最後の最後でそれに気が付いてダメになってしまうということもあるでしょう。趣味が同じことはこのように時にデメリットになってしまうこともあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *